GOOD SCHOOL,

GOOD CAREER.

UZUZ COLLEGE Presented by UZUZ

Presented by

インフラエンジニアが最強な理由を徹底解説

2024年04月24日

インフラエンジニアが最強な理由を徹底解説

本記事では、インフラエンジニアとして働くことを考えている人に向けて「インフラエンジニアが最強な理由」を解説します。

インフラエンジニアが「最強」といわれるのは、魅力やメリットが多いためです。

仕事内容や働き方といった面での魅力はもちろんですが、将来性や社会貢献度の高さから、大きなやりがいを感じられる点も魅力といえるでしょう。

以下で紹介する「インフラエンジニアが最強な理由」から、自分にとってのメリットや魅力、やりがいなどを探してみてください。

この記事の監修者

河合大輔DAISUKE KAWAI

ウズウズカレッジ講師

ITリスキリングサービス「ウズウズカレッジ」を運営。企業研修から教材作成、業務自動化まで行う何でも屋。関西大学卒業後、中高で社会科教諭を経験。その後縁あってウズウズカレッジに参加。販売しているCCNA教材の受講生は10,000人を超える。

講師による個別指導で
「CCNA取得」「エンジニア転職」を目指す!

おすすめポイント

  • 経済産業省認定!キャッシュバックと補助金で受講料が最大全額無料
  • 受講満足度5点満点中4.4以上!動画コンテンツはコース修了後も視聴可能
  • 講師はエンジニア実務経験あり!個別指導と面談で挫折せず学習できる
  • 就職定着率97%!母体が人材紹介会社なので就活サポートもバッチリ

キャンペーン実施中!受講料最大100%キャッシュバック

「CCNA」「LinuC」の学習を始めるか、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。 そんな方の後押しができればと思い、LINE登録してくださった方限定で、2,000枚超えのスライドを無料でプレゼントいたします! 豪華特典を受け取り、一緒に勉強を始めましょう!

LINE登録で豪華特典をプレゼント 人気講座のスライドを手にいれるチャンス!

インフラエンジニアが最強な理由

インフラエンジニアが最強な理由

インフラエンジニアが最強といわれるには様々な理由がありますが、その中でも以下の7つをご紹介します。

  • 高収入が得られる
  • 社会に不可欠なインフラを支えている職業
  • 高い専門知識と幅広いスキルが身に付く
  • 新しい知識技術に触れる機会が多い
  • 残業が少ない
  • キャリアパスが幅広い
  • 需要が高く転職がしやすい

最強といわれる理由を知ることで、自分にとっての魅力やメリットが見つかるでしょう。

高収入が得られる

インフラエンジニアは、他のITエンジニアと比べて平均年収が高い傾向にあります。

厚生労働省の「職業情報提供サイト」によると、インフラエンジニアの平均年収は660万4,000円と公表されています。

一方で、全産業の平均年収は496万5,000円であることから、インフラエンジニアの給与水準は高いといえるのです。

もともと高収入な職種であるインフラエンジニアですが、実務経験を積んだり資格を取得することで、更なる年収アップも目指せます。

自分のスキルや努力次第で収入が上がる点も、インフラエンジニアが最強といわれる理由の1つです。

社会に不可欠なインフラを支えている職業

インフラエンジニアは、ITシステムの基盤を支える存在であり、社会貢献度の高い職業です。

ITシステムは、ビジネスや教育、行政、医療、エンターテイメントなど、社会のあらゆる場面で利用されています。

ITインフラに問題が起こると、企業の業務やサービスが停止したり、インターネットが使えないなど、ビジネスだけでなく私たちの日常生活にも大きな影響を及ぼします。

現代社会に欠かせないITインフラを扱うインフラエンジニアは、貴重な人材であり、その仕事内容の特性から最強といわれているのです。

高い専門知識と幅広いスキルが身につく

インフラエンジニアとして働く中で、高度な専門知識や幅広いスキルが身に付きます。

ITインフラを支えるには、ネットワークやサーバー、セキュリティ、クラウドなど多くの知識を必要とします。

また、インフラエンジニアはチームで仕事を進めることが多いため、コミュニケーション能力や協調性も培われていくでしょう。

クライアントと直接関わる立場であれば、ヒアリング力も同時に身に付けられます。

インフラエンジニアとして実務経験を積むうちに、幅広い分野の知識やスキルを習得できるのです。

新しい知識技術に触れる機会が多い

インフラエンジニアは、最新の知識や技術に触れる機会が多いです。

ITインフラは常に進化しているため、最新の技術動向を把握し、常にそれらを身に付けておく必要があります。

また、インフラをクラウド上に設計、構築するニーズが高まっていることからも、インフラエンジニアは先端技術に触れる機会が多いといえるのです。

新しい技術に関心を持ち、最先端のスキルを習得し続けるには努力が必要ですが、スキルアップや自己成長に繋がるでしょう。

残業が少ない

残業が少ない点も、インフラエンジニアが最強といわれている理由の1つです。

インフラエンジニアの働き方は、シフト制や交代制であることが多く、退勤時刻になれば後任者に引継ぎができるため、残業が少ない傾向にあります。

一般的に「ITエンジニアは残業が多い」というイメージを抱かれがちですが、インフラエンジニアはプライベートの時間を確保しやすい職種です。

勤める企業によっては平均残業時間が10時間未満となることもあるため、ワークライフバランスを大切にしたいエンジニアにとって最強といえるでしょう。

キャリアパスが幅広い

インフラエンジニアが最強といわれる理由に、キャリアパスの幅が広いことも挙げられます。

インフラエンジニアとして働く中で培うスキルは、汎用性が高いです。

そのため、キャリアの選択肢は多く、ITスペシャリストやマネージャー、ITコンサルタントなど幅広い職種を目指せます。

また、これまでの経験を活かして、社内SEやセキュリティエンジニアへ転身するなど、キャリアチェンジも可能です。

インフラエンジニアは、経験を積み知識やスキルを身に付けることで、多くのキャリアプランを描ける職業といえます。

需要が高く転職がしやすい

近年、IT化に伴い、エンジニア全体の需要が伸びています。

中でも、インフラエンジニアが扱うインフラシステムは、現代社会になくてはならない存在のため、今後も需要がなくなることはないでしょう。

この需要の高さは、インフラエンジニアの仕事内容にも深く関係しています。

ITインフラは、障害が起きると多くの人や企業に影響を及ぼすため、毎日24時間体制で監視する必要があります。

常に監視を要する業務の特性上、人手が足りておらず、インフラエンジニアの需要はさらに高まっているのです。

扱う技術のニーズが高いことや、人材不足の背景から転職しやすいという点も、インフラエンジニアが最強といわれる理由の1つです。

まとめ

本記事では「インフラエンジニアが最強といわれる理由」について、様々な視点から解説しました。

「インフラエンジニアへ転職したい」「活躍できるインフラエンジニアになりたい」という方は、インフラエンジニアに必要なスキルを習得しましょう。

弊社ウズウズカレッジは、ITスクールや動画教材などの学習ツールを提供しており、インフラエンジニアを目指すにはCCNAコースがおすすめです。

担当講師によるマンツーマン指導を実施しており、個人の学習ペースや能力に合わせたサポートが可能です。

さらに、IT専門エージェントによる就職支援も行っているため、就職・転職までしっかりとバックアップします。

勉強方法や教材選びに迷っている人は、ぜひウズウズカレッジの活用をご検討ください。

講師による個別指導で
「CCNA取得」「エンジニア転職」を目指す!

おすすめポイント

  • 経済産業省認定!キャッシュバックと補助金で受講料が最大全額無料
  • 受講満足度5点満点中4.4以上!動画コンテンツはコース修了後も視聴可能
  • 講師はエンジニア実務経験あり!個別指導と面談で挫折せず学習できる
  • 就職定着率97%!母体が人材紹介会社なので就活サポートもバッチリ

キャンペーン実施中!受講料最大100%キャッシュバック

「CCNA」「LinuC」の学習を始めるか、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。 そんな方の後押しができればと思い、LINE登録してくださった方限定で、2,000枚超えのスライドを無料でプレゼントいたします! 豪華特典を受け取り、一緒に勉強を始めましょう!

LINE登録で豪華特典をプレゼント 人気講座のスライドを手にいれるチャンス!
Twitter Share Hatena

GOOD SCHOOL, GOOD CAREER.

ご相談はこちら

法人の方はこちら

アカウント作成

ログイン

IT学習の情報メディア UZUZ COLLEGE MAGAZINE

MENU

CLOSE