助成金を活用して研修コストを削減

新入社員向けIT研修サービス
ウズカレBiz

インフラエンジニア育成コース
(オンライン研修)

詳しく聞いてみたい(オンライン)
詳しく聞いてみたい(オンライン)

ウズカレBizのサービス3つの特徴

01「人材開発支援助成金」を活用して研修コスト削減

人材開発支援助成金について

人材開発支援助成金は、労働者の職業生活設計の全期間を通じて段階的かつ体系的な職業能力開発を促進するため、雇用する労働者に対して職務に関連した専門的な知識および技能の習得をさせるための職業訓練などを計画に沿って実施した場合人材開発制度を導入し、労働者に対して適用した際に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する制度です。(厚生労働省:「人材開発支援助成金」より)


もらえる?

人材を「雇用」「教育支援」
している会社

どうすれば
もらえる?

「職務に関連した専門知識
専門スキルを習得するため」の
研修を受講したら


助成してもらえる?

「研修費用」「研修中の賃金」

助成金で最大515,800円の研修コストを削減!!

特定訓練コース / 正社員対象の場合

①中小企業(事業主団体等)
研修料金総額の
45%
訓練経費助成
10時間~100時間未満
上限15万円
100時間~200時間未満
上限30万円
200時間以上
上限30万円
賃金助成

1時間あたり760

②中小企業以外
研修料金総額の
30%
訓練経費助成
10時間~100時間未満
上限10万円
100時間~200時間未満
上限20万円
200時間以上
上限30万円
賃金助成

1時間あたり380

特別育成訓練コース / 正社員以外対象の場合

①中小企業(事業主団体等)
研修料金総額の
100%
訓練経費助成
10時間~100時間未満
上限10万円
100時間~200時間未満
上限20万円
200時間以上
上限30万円
賃金助成

1時間あたり760

②中小企業以外
研修料金総額の
100%
訓練経費助成
10時間~100時間未満
上限7万円
100時間~200時間未満
上限15万円
200時間以上
上限20万円
賃金助成

1時間あたり380

※情報通信業では、資本金5,000万円以下または従業員数100人以下の場合、「中小企業」となります。
※受講対象者が「若年者(入社5年以内もしくは35歳以下)」ではない場合、「①中小企業(事業主団体等)」であっても、訓練経費、賃金助成ともに「②中小企業以外」と同じ助成額となります。

02煩雑な申請作業も助成金専門社労士が完全フォロー

助成金受給までの流れ

  1. 研修のご相談
  2. 受付
  3. 利用申請の
    ための情報提供
  4. 利用申請の
    提出
  5. 申請の認定
  6. 研修実施
  7. 助成金支給申請
    のための資料提供
  8. 助成金の
    支給申請
  9. 助成金
    支給決定
  1. 研修のご相談

    貴社の状況をヒアリングし研修についての疑問点やご不明点にお答えします。

  2. 受付

    貴社のニーズに合わせた研修カリキュラムをご提案します。

  3. 利用申請のための
    情報提供

    弊社提携の社労士に利用申請に必要な情報をご提供いただきます。

  4. 利用申請の提出

    ご提供いただいた情報を元に、社労士が厚生労働省へ利用申請を提出します。

  5. 申請の認定

    厚生労働省より申請の認定が下ります。

  6. 研修実施

    申請認定後に研修を開始します。

  7. 助成金支給申請の
    ための資料提供

    社労士に助成金支給申請のための資料をご提供いただきます。

  8. 助成金の支給申請

    ご提供いただいた情報を元に、社労士が厚生労働省へ助成金支給の申請を提出します。

  9. 助成金の支給決定

    審査通過後、助成金支給が決定し、支給されます。

03参考書著者による高品質な研修

浦川 晃KOU URAKAWA

ネットワーク構築の現場を経験後、主にCCNA、LPIC、Azureといったネットワークやサーバ、クラウドの担当講師を務める。「難しいことを易しく」をモットーに、難しいIT用語を日常生活などに例える講義は、特に、業界未経験・PCスキルがゼロに近い生徒に圧倒的な支持を得ている。資格取得率9割以上、満足度98%を誇り、実力がつく講義には定評がある。
担当科目:CCNA、CCNP、LPIC、Azureなど

著書:
シスコ技術者認定教科書 |CCNA 完全合格テキスト&問題集
[対応試験]200-301

助成金を活用して研修コスト削減!

新入社員を現場で通用する
ITエンジニアに育てます。

詳しく聞いてみたい(オンライン)

助成金を活用して研修コスト削減!

新入社員を現場で通用する
ITエンジニアに育てます。

詳しく聞いてみたい(オンライン)

お問い合わせ

    研修サービス詳細に関しては下記フォームよりお問い合わせください。
    後日、担当者よりご連絡いたします。

    企業名
    担当者名
    電話番号(半角)
    メールアドレス
    研修を導入する目的は何ですか?
    研修の想定人数は何人ですか?
    研修の想定時期はいつですか?
    備考欄