GOOD SCHOOL,

GOOD CAREER.

UZUZ COLLEGE Presented by UZUZ

Presented by

インフラエンジニアを目指すならCCNAの取得は必要?気になる疑問を解説

2024年02月19日

    インフラエンジニアを目指すならCCNAの取得は必要?気になる疑問を解説

    インフラエンジニアを目指す中で、CCNAの取得を検討している人も多いのではないでしょうか。

    CCNAを取得することで、インフラエンジニアになれる可能性は高まります。

    本記事では、インフラエンジニアにとってのCCNAの必要性を解説します。

    さらに、CCNAを取得するメリットや、取得に向けた勉強方法もご紹介しますので、参考にしてください。

    大切なのは、自分の生活サイクルや性格に合った勉強方法で、無理なく学習を続けることです。

    インフラエンジニアになるためにCCNAの取得を目指す人は「自分にとっての適切な学習方法は何か」を考えながらご覧ください。

    この記事の監修者

    河合大輔DAISUKE KAWAI

    ウズウズカレッジ講師

    ITリスキリングサービス「ウズウズカレッジ」を運営。企業研修から教材作成、業務自動化まで行う何でも屋。関西大学卒業後、中高で社会科教諭を経験。その後縁あってウズウズカレッジに参加。販売しているCCNA教材の受講生は10,000人を超える。

    講師による個別指導で
    「CCNA取得」「エンジニア転職」を目指す!

    おすすめポイント

    • 講師による個別指導だから、自分のペースに合わせたオーダーメイド学習ができる
    • 「学習支援」だけでなく「転職支援」まで含めてトータルサポート
    • 学習支援はeラーニングで完結(動画教材、演習サイト)
    • IT専門エージェントによる転職支援だから、求人数も多く、サポート品質も高い
    • サブスク型だから利用したい分だけ利用可能(月額制)
    • 「月額33,000円〜(税込)」だから他ITスクールよりも安く、利用しやすい

    転職お祝いキャンペーン実施中!(利用料金全額キャッシュバック)

    インフラエンジニアになるのにCCNAの取得は必要?

    インフラエンジニアになるのにCCNAの取得は必要?

    結論として、インフラエンジニアを目指すのであれば、CCNAの取得は必要です。

    インフラエンジニアの主な業務は、ネットワークやサーバーの設計、構築、運用保守です。

    そのため、インフラエンジニアとして働くためには、ネットワークに関する知識が欠かせません。

    CCNAを取得することで、ネットワークの基礎知識を習得していることを証明できるため、インフラエンジニアになれる可能性が高まるでしょう。

    CCNAの認定を保有している人は、企業や組織から価値の高い人材と判断され、好待遇で働けるなどのメリットもあります。

    そもそもCCNAとはどんな資格?

    CCNAとは「Cisco Certified Network Associate」の略称で、シスコシステムズ社の認定資格です。

    シスコ社が提供している資格は、難易度別に「アーキテクト」「エキスパート」「プロフェッショナル」「アソシエイト」「エントリー」の5種類に分けられます。

    CCNAはアソシエイトのグレードにあたり、レベルとしては下から2番目のため、これからインフラエンジニアを目指す人におすすめの資格です。

    シスコ社はネットワーク分野においてトップシェアを誇っており、大多数の企業や組織のネットワークは、シスコ社のインフラストラクチャ製品によって構築されています。

    CCNAは、ネットワークの知識や技術を証明できるだけでなく、実務に活かせる、価値の高い資格なのです。

    ネットワークエンジニアを目指す人にとっては必須の資格

    インフラエンジニアは4つのエンジニアを総称した名称

    インフラエンジニアは、以下の4つのエンジニアを総称した名称です。

    • ネットワークエンジニア
    • サーバーエンジニア
    • クラウドエンジニア
    • セキュリティエンジニア

    CCNAは、上記全ての職種に役立つ資格です。

    特にネットワークエンジニアを目指す人に必須の知識を習得でき、ネットワークエンジニアの入門資格に位置づけられています。

    ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計、構築、運用保守を担当するエンジニアで、インフラエンジニアの中でもより専門的なネットワークの知識を求められます。

    そのため、ネットワークエンジニアを目指す人にとって、CCNAの取得は必須といえるでしょう。

    CCNAについての詳細は、以下の記事をご覧ください。

    インフラエンジニアを目指す人がCCNAを取得するメリット

    インフラエンジニアを目指す人がCCNAを取得するメリット

    ここからは、インフラエンジニアを目指す人にとって、CCNAの取得がどのようなメリットをもたらすのかをご紹介します。

    • 就活や転職で有利になる
    • 給与や待遇がアップする可能性がある

    以下に詳しく解説しますので、インフラエンジニアとして働くことを検討している人は、参考にしてください。

    就活や転職で有利になる

    CCNAを取得することで、就職や転職の際に有利となる場合があります。

    CCNAは、ネットワークに関する知識や技術を保有している証明になるため、インフラエンジニアを目指す人におすすめの資格です。

    CCNAを取得することで「インフラエンジニアに必要なスキルを習得するための努力ができる人」と判断され、やる気や熱意のアピールにもなります。

    企業によってはCCNAの取得を応募の必須条件としていたり、CCNAの取得有無によって選考の合否が分かれる可能性もあるでしょう。

    CCNAに限らず、資格を取得することは、自分の能力を客観的に証明できたり、書類選考や面接で評価を得られやすいというメリットがあるのです。

    給与や待遇がアップする可能性がある

    CCNAを取得することで、給与や待遇がアップする可能性があります。

    企業によっては資格手当が支給されたり、資格の取得が昇給や昇格の条件となっているケースもあります。

    また、資格取得を目指して勉強することで、インフラエンジニアとしての知識やスキルが磨けるため、上流工程を担当させてもらえるなど、活躍の場が広がるでしょう。

    CCNAを取得することで、資格手当やキャリアアップによる収入の増額も期待できるのです。

    インフラエンジニア希望でCCNAの取得を検討している場合にによくある疑問

    よくある疑問

    インフラエンジニア希望で、CCNAの取得を検討する中で、以下のような疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

    • 資格の難易度は?
    • CCNAの学習方法は?

    ここではそれぞれの疑問にお答えしていきますので、疑問点を解消し、CCNA試験に臨みましょう。

    資格の難易度は?

    CCNAの難易度は決して低くはありませんが、ネットワークエンジニアを目指す人の入門資格といわれており、エンジニア資格の中ではそれほど難しくありません。

    適切に学習を進めれば未経験でも取得が可能です。

    ネットワークに関する知識や、実務経験のない人が合格するためには、だいたい160〜200時間程の勉強時間が必要とされています。

    シスコ社から合格点や合格率の公式発表はなく、詳細は不明ですが、一般的に合格点は1000点満点中825〜850点程度で、合格率は30%程といわれています。

    自分に合った勉強方法を見つけ、基礎からしっかりと学習しましょう。

    CCNAの難易度については、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

    CCNAの学習方法は?

    CCNAの学習方法は、大きく以下の4つに分けられます。

    • 公式サイトの練習問題
    • 参考書や問題集
    • 動画などのオンライン講座
    • スクール

    シスコ公式サイトで練習問題が公開されていたり、参考書や問題集、オンライン講座なども多く出版されているため、独学でも学習は可能です。

    ただし、ネットワークの勉強が初めてという人は、スクールを活用することをおすすめします。

    スクールでは、不明点をすぐに質問できたり、モチベーションが維持しやすかったりと、効率的に学習が進められます。

    スクールによってはIT専門エージェントなどが就職や転職のサポートを行っている場合もあるため、スクールを利用するメリットは大きいでしょう。

    CCNAの勉強方法については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

    動画教材で
    「IT専門資格」の取得を目指す!

    おすすめポイント

    • 動画教材だから、「いつでも」「どこでも」「何度でも」学べる
    • 試験範囲を完全にカバーした教材
    • 「CCNA」「LinuCレベル1」「Java Silver」「HTML5」「ITパスポート」などの試験に対応
    • 動画教材だけでなく、試験対策のための演習問題も提供
    • コメント欄で講師へ質問も可能

    YouTube「ウズウズカレッジ」で無料版も公開中

    まとめ

    本記事では、以下の内容について解説しました。

    • インフラエンジニアになるのにCCNAの取得は必要?
    • インフラエンジニアを目指す人がCCNAを取得するメリット
    • インフラエンジニア希望でCCNAの取得を検討している場合によくある疑問

    インフラエンジニアとして働きたいと考えている人は、CCNAの取得を目指すことをおすすめします。

    そのためには「自分に合った勉強方法」を見つけることが大切です。

    弊社ウズウズカレッジは、動画教材の提供やITスクールを運営する企業の1つで、受講者数は50,000名を突破しており、利用満足度も4.4以上です。

    「完全eラーニング型」のため自分のペースに合わせた学習ができ、受講生一人ひとりに担当講師がつくことで挫折しづらい環境を整えています。

    さらに、IT専門エージェントが運営するITスクールのため、就職や転職に向けたサポートも充実しています。

    ウズウズカレッジに興味を持ってくださった方は、以下より詳細をご確認ください。

    講師による個別指導で
    「CCNA取得」「エンジニア転職」を目指す!

    おすすめポイント

    • 講師による個別指導だから、自分のペースに合わせたオーダーメイド学習ができる
    • 「学習支援」だけでなく「転職支援」まで含めてトータルサポート
    • 学習支援はeラーニングで完結(動画教材、演習サイト)
    • IT専門エージェントによる転職支援だから、求人数も多く、サポート品質も高い
    • サブスク型だから利用したい分だけ利用可能(月額制)
    • 「月額33,000円〜(税込)」だから他ITスクールよりも安く、利用しやすい

    転職お祝いキャンペーン実施中!(利用料金全額キャッシュバック)

    Twitter Share Hatena

    GOOD SCHOOL, GOOD CAREER.

    ご相談はこちら

    法人の方はこちら

    アカウント作成

    ログイン

    IT学習の情報メディア UZUZ COLLEGE MAGAZINE

    MENU

    CLOSE