GOOD SCHOOL,

GOOD CAREER.

UZUZ COLLEGE Presented by UZUZ

Presented by

エンジニア研修の内容や必要性、実施時のポイントを解説!

2024年03月29日

    エンジニア研修の内容や必要性、実施時のポイントを解説!

    IT需要が伸びる一方で、エンジニアは不足しており、経験豊富なIT人材を確保することは困難といわれています。

    そのため、経験の少ないエンジニアでも積極的に採用し、研修を通して育成する企業が増えているのです。

    本記事では、エンジニア研修の「内容」や「目的」「必要性」などを解説します。

    さらに「研修を行う際のポイント」もご紹介しますので、エンジニア研修の実施を検討している企業担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

    この記事の監修者

    川畑専務

    川畑 翔太郎SHOTARO KAWABATA

    ウズウズカレッジ講師

    ITリスキリングサービス「ウズウズカレッジ」を運営する「UZUZ」の専務取締役。九州大学卒業後、現LIXILに入社。その後UZUZに参画し、2,000人以上のキャリア支援を行う。現在はウズウズカレッジ事業の責任者を担当。

    エンジニア研修の目的や内容

    エンジニア研修の内容

    エンジニア研修は、エンジニアとして働く社員を対象としたトレーニングです。

    新入社員が即戦力として活躍できるよう、基礎的な知識の習得を目的に実施されたり、既存社員のスキルアップとして活用されるケースもあります。

    研修の内容は企業やコースによって異なりますが、一般的には以下のような内容が含まれます。

    • プログラミングの基礎
    • 特定のプログラミング言語の学習
    • ネットワークやサーバーの基礎
    • データベースの基礎
    • Webアプリケーションの基礎
    • OAなどの業務で使うツールの使用方法

    社員がこれらの知識やスキルを身に付け、業務で活かすことが、エンジニア研修の最大の目的です。

    以下の記事では、IT系の新人研修について詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

    エンジニア研修の必要性

    エンジニア研修の必要性

    IT業界の慢性的な人材不足により、業務未経験や経験が少ないエンジニアを採用する企業が増加しています。

    優秀なエンジニアは引く手あまたで企業間競争が激しく、採用にかけるコストや労力もかかってしまいます。

    そのため、経験が少ないエンジニアを採用し育成することで、IT人材を確保する企業が増えているのです。

    経験の少ないエンジニアでも、研修を通して業務に必要な知識やITスキルを学べば、スムーズに実務を行えるようになるでしょう。

    また、エンジニア研修が必要なのは、経験の少ない社員に限りません。

    企業によって扱うツールや使用するプログラミング言語は異なるため、エンジニアとしての実務経験があっても、研修が必要となるケースもあるのです。

    自社の文化に馴染ませたり、業務内容の変化に対応させるためにも、エンジニア研修は行うべきといえます。

    エンジニア研修の種類

    エンジニア研修の種類

    エンジニア研修には、主に「社内研修」「社外研修」の2種類あります。

    社内研修と社外研修は、それぞれ違った特徴やメリットがあります。

    以下に詳しく解説しますので、自社にとって最適な研修方法を検討するための参考にしてください。

    社内研修

    社内研修は、各企業が自社で行う研修の方法です。

    社員が講師を務めるため、企業の文化や風土を反映した研修を実施できるのが、最大のメリットといえます。

    その他にも、講義を通して企業の価値観を伝えられたり、研修生の成長度合いに合わせてカリキュラムを修正できるなど、社内研修におけるメリットは多いです。

    しかし、様々なメリットがある一方で、デメリットも存在します。

    自社でカリキュラムを作成するのに時間がかかったり、指導者が本来エンジニアとしてあげるはずだった利益がなくなってしまうことが考えられます。

    社外研修

    社外研修は、研修サービスを提供する外部企業に研修を依頼する方法です。

    自社に直接講師を招くこともあれば、Zoomなどを使用してオンラインで実施する場合もあります。

    研修会社はエンジニア研修に特化したノウハウや経験を持っているため、一定水準以上の研修を期待できます。

    質の高い研修は社員の理解も深まりやすく、実務に必要なスキルレベルにまで引き上げられる確率も高いです。

    費用がかかるように思えますが、自社で研修の準備をしたり実施することによるリソースを割かなくて済むため、社外研修を活用するメリットは大きいといえます。

    エンジニア研修を行う際のポイント

    エンジニア研修を行う際のポイント

    ここからは、エンジニア研修を行う際のポイントを解説します。

    • 目的や身につけてほしいスキルを明確にする
    • 振り返りを実施する
    • 必ずアウトプットの場を設ける

    ポイントを押さえて、より効果的なエンジニア研修を行いましょう。

    目的や身につけてほしいスキルを明確にする

    まずは、研修の目的や身に付けて欲しいスキルを明確化することが大切です。

    「何の知識を学んでもらうか」

    「どのレベルまで習得させる必要があるのか」

    このようなことを明確にする必要がありますが、分からない場合は配属先(研修先)のメンバーに確認しましょう。

    また「何年後にどのようなスキルを持った人が何人必要なのか」という人材戦略の観点から、研修プランを考えることも重要です。

    目的を明確にすることで研修の方向性が定まり、効果的な研修が実施できるでしょう。

    振り返りを実施する

    研修中は受講者本人に報告書を作成してもらうなど、週単位で振り返りを行うことをおすすめします。

    研修の内容や状況、感想などをまとめてもらうことにより、受講者にとって復習の機会にもなるでしょう。

    また、報告書を元にフィードバックを行うことが大切です。

    社員の成長が目的であることを念頭に置き、評価できるポイントは積極的に褒め、指導は適切に行いましょう。

    研修の成果をこまめに検証することで、必要に応じて研修内容の改善を図ることができます。

    必ずアウトプットの場を設ける

    インプットだけではなく、必ずアウトプットを取り入れましょう。

    研修は基本的に座学が多いですが、習得した内容はアウトプットすることで知識として定着します。

    そのため、座学だけで終わらせるのではなく、実際に手を動かして体で覚えることが重要です。

    また、エンジニアはチーム単位で業務を進めることが多い職種であるため、協調性や人間関係を円滑に保つ能力が求められます。

    実習やグループワークでは実践的な学習が可能なだけでなく、コミュニケーションスキルや課題解決力も培われます。

    アウトプットを行うことで、エンジニアとしての技術の向上と対人スキルが同時に身に付くのです。

    エンジニア研修はウズカレBizにご相談を!

    ウズカレBizコース内容

    エンジニア研修には「社内研修」と「社外研修」の2種類があります。

    社内研修を実施する場合は、研修カリキュラムを作成する時間や専門的な知識を持った指導者が必要となるため、自社の社員だけで行うのは難しい企業もあるでしょう。

    ウズカレBizは、主に新入社員を対象としたオンラインIT研修サービスで、以下のコースをご用意しています。

    コース名対象者学べること・習得できること
    開発エンジニア育成コース開発エンジニア
    (新入社員研修にもおすすめ)
    • プログラミング基礎(Java)
    • オブジェクト指向
    • データベース(SQL)
    • Webアプリケーション
    インフラエンジニア育成コースインフラエンジニア
    (新入社員研修にもおすすめ)
    • ネットワーク基礎(CCNA)
    • サーバー基礎(Linuc)
    • ITリテラシー
    デジタル人材育成コース全従業員
    • ITリテラシー(ITパスポート)
    • Microsoft Office(Excel、Wordなど)の使い方
    • 自動化/効率化(VBAなど)

    経験豊富な講師による丁寧な説明で、受講生一人ひとりのスキルアップをサポートします。

    ウズカレBizを活用するメリットは、以下の通りです。

    • 毎月開催しており1名からでも参加可能
    • 研修終了後も復習用に講義動画が閲覧可能
    • 助成金を活用するのでコストが安い(実質負担額48,000円~)
    • 専門社労士が人材開発助成金を無料で申請代行

    エンジニア研修の実施を考えている企業担当者の方は、ぜひウズカレBizの活用をご検討ください。

    Twitter Share Hatena

    GOOD SCHOOL, GOOD CAREER.

    ご相談はこちら

    法人の方はこちら

    アカウント作成

    ログイン

    IT学習の情報メディア UZUZ COLLEGE MAGAZINE

    MENU

    CLOSE