GOOD SCHOOL,

GOOD CAREER.

UZUZ COLLEGE Presented by UZUZ

Presented by

レスポンシブWebデザイン

2024年02月09日

    レスポンシブWebデザイン

    「レスポンシブWebデザイン」とは、スマートフォンやパソコンなど、異なるデバイスで同一のHTMLファイルを使用し、アクセス時の画面サイズによってCSSを切り替えることで、レイアウトや文字の大きさなどを適切に表示させるWebデザインの手法です。

    このデザイン手法の目的は、様々な画面サイズや解像度を持つデバイスに対して、ユーザーが快適にサイトを閲覧できるようにすることです。レスポンシブデザインでは、メディアクエリと呼ばれるCSSの技術を利用して、画面の幅や高さ、解像度などに基づいてレイアウトを動的に変更します。これにより、大画面のデスクトップモニターから小さなスマートフォンの画面まで、幅広いデバイスでサイトが適切に表示されるようになります。

    レスポンシブWebデザインは、複数のデバイスに対応したサイトを一つのソースコードで管理できるため、効率的なWebサイト運営が可能になります。また、ユーザーエクスペリエンスの向上にも寄与し、検索エンジン最適化(SEO)にも有利な影響を与えるとされています。現代のWebデザインにおいては、レスポンシブデザインは必須の技術となっています。

    Twitter Share Hatena

    GOOD SCHOOL, GOOD CAREER.

    ご相談はこちら

    法人の方はこちら

    アカウント作成

    ログイン

    MENU

    CLOSE