GOOD SCHOOL,

GOOD CAREER.

UZUZ COLLEGE Presented by UZUZ

Presented by

JavaScript

2024年02月09日

    JavaScript

    「JavaScript」とは、Web上で動きを表現するためのオブジェクト指向プログラミング言語です。HTMLファイルの内部にJavaScriptコードを追加することで、様々な機能をWebページに付加することができます。これにより、Webブラウザ上での動作を定義し、よりインタラクティブなユーザー体験を提供することが可能になります。

    JavaScriptは、HTMLとCSSと共に、Web開発の3大要素の一つとされています。HTMLがWebページの構造を担当し、CSSがスタイルとレイアウトを管理する一方で、JavaScriptはページの動的な動作やユーザーとのインタラクションを制御します。たとえば、ユーザーがボタンをクリックした時の反応、データの非同期的な取得、ページの一部分だけを更新するなど、JavaScriptを使うことで、ページに動きや反応性を加えることができます。

    また、JavaScriptはクライアントサイドで動作するだけでなく、Node.jsなどの技術の登場によりサーバーサイドでも使用されるようになりました。これにより、JavaScriptはWebアプリケーションのフロントエンドだけでなく、バックエンドの開発にも活用される全方位的なプログラミング言語となっています。さらに、フレームワークやライブラリ(例:React, Angular, Vue.jsなど)の豊富なエコシステムが形成されており、現代のWeb開発において中心的な役割を果たしています。

    Twitter Share Hatena

    GOOD SCHOOL, GOOD CAREER.

    ご相談はこちら

    法人の方はこちら

    アカウント作成

    ログイン

    MENU

    CLOSE